ブログランキング
▼今日のランクは何位?
FC2ブログランキング
▼ご協力お願いします!
リフレッシュルーム
【 Zen蔵のお気に入り動画 】
▼配信中!
PR
PR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オブジェクト指向小説』に関するコンセプトの整理メモ

■『オブジェクト指向小説』についてのイメージを整理する。
1)基本的にはフィクションの一類型
2)『仮想現実』の世界での物語として,ドキュメンタリー風にリアルに描写される
3)シミュレーション小説
4)特に主人公を定めないで,登場人物のキャラクターをなるべく詳細にモデル化する
5)登場人物のそれぞれの立場から,多角的な視点で描写可能にする
6)ストーリの展開は,複数の可能性がありうる事を想定する
7)可能ならば,主人公や視点,ストーリー展開を複数設定して,いくつもの物語を楽しめる仕掛けを用意する
(ロールプレイング・ゲームみたいに)

■『オブジェクト指向小説』の利用シーンについて
1)ドキュメンタリー風小説として,単純に楽しむ
2)実話を素材にして,支障がない程度に小説化する
(事例研究などに活用)
3)将来発生する事態に備える目的で,予測資料を基礎にして小説化する
4)過去に発生した実話を素材にして,別の可能性を小説化する
5)脚本としての活用
6)ゲームのシナリオとして活用

■先行事例
1)整理してみると,既に『オブジェクト指向小説』に類型される先例は数多くあると思われるが,明確に『オブジェクト指向小説』と標榜して書かれた例は,今のところ無い。
2)堺屋太一さんの『油断』や『団塊の世代』等の,「未来予測小説」は同類と考えて良い。⇒「シミュレーション小説
3)Googleで『オブジェクト指向小説』を検索すると,同様のアイデアを得た人が3件,中には『オブジェクト指向漢詩』もある。
4)私のコンセプトに最も近似する先例は『参考図書』の2番目である。


関連記事
THEME:雑記 | GENRE:ブログ | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Videoれぽーと@Zen蔵TV
SoftBank OnlineShop
Apple Store
筆者: 梅屋敷Zen蔵
■ OfficeZen蔵 代表
ITコンサルタント兼SEです。
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
お奨めレンタルサーバー
FC2アフィリエイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。